天ぷら定食

軽くと思ってましたが、やっぱり定食にしてしまいました
しかも過去記事を見てみたら同じ天ぷら定食を注文してました

f:id:sakamotan:20171018162631j:plain

アトピー性口角炎

アトピー口角炎の原因

アトピー=原因不明」と考えている人もいますが、最近はアトピー発症の原因がわかってきています。特に有力視されている原因は「表皮バリア破綻説」です。

人間の皮膚には、「外部からの刺激をシャットアウトする機能(=表皮バリア機能)」が備わっています。表皮のもっとも外側にある角質層では、「細胞間脂質」が肌内部をしっかりと守っています。細胞間脂質は「セラミド」「脂肪酸」「コレステロール」などの総称で、角質細胞の隙間を埋める存在です。

細胞間脂質は「脂質と水分がミルフィーユのように幾重にも束ねられた構造(=ラメラ構造)」を形成して、角質細胞の隙間を埋めています。ラメラ構造は外部刺激をシャットアウトすると同時に、角質層の水分が失われるのを防ぐ構造です。

しかし、角質細胞の内部を満たすと同時に、天然保湿因子(NMF)にもなる物質―フィラグリンが不足すると、角質層の水分量は低下する傾向があります。結果、表皮の水分が失われ、ラメラ構造が破綻するわけです。(歯科用タービン

f:id:sakamotan:20171018161617j:plain

いったんラメラ構造が失われれば、表皮バリアは機能不全に陥ります。水分が足りない以上、ラメラ構造を再構築するのも難しく、なかなかバリア機能を再建することもできません。また、角質層のバリア機能が失われると、アレルゲンとなる物質が入りこみやすくなります。本来、アレルゲンをシャットアウトするのは「角質層の表皮バリアが果たすべき役割」だからです。

結果、「バリア機能が失われて乾燥した肌」がたびたびアレルギー反応を起こし、慢性的に炎症を生じるようになります。これが、いわゆる「アトピー性皮膚炎(口角で発生すれば、アトピー口角炎)」です。

アトピー口角炎の治療法

アトピー口角炎の治療は、アトピー性皮膚炎と同じようにおこなわれます。現状、原因を取り除く治療法は確立されていないので、「対症療法で消炎を図り、落ち着くのを待つ」という方針です。(根管長測定器

具体的には、「ステロイド系抗炎症薬」または「タクロリムス軟膏(商品名:プロトピック)」で炎症を鎮めます。軽度の場合には保湿するだけで軽快することもあるので、「白色ワセリン」「ヘパリン類似物質(商品名:ヒルドイド)」などが処方される場合もあるでしょう。

下がった歯茎や痩せた歯茎は戻す治療法

噛み合わせを調整する方法

一部の歯が、外に押し出されるような形で、強く力がかかっている場合には、噛み合わせを改善することで、徐々に歯茎が戻るケースもあります。

歯茎の組織を移植する方法

大きく下がってしまった歯茎は、自然に元通りにすることは困難ですが、遊離歯肉移植術という方法によって治療できます。他の部分から歯茎を切り取って、下がってしまった部分に移植する手術です。(ホワイトニング照射器

歯槽骨を再生する方法

歯周病によって、歯の土台となる骨が後退した場合は、それに伴って歯茎も下がります。逆に、歯槽骨が再生されれば、歯茎が上がってきます。それが、歯周組織再生法です。エドムゲインというタンパク質を使って、歯槽骨を再生させますが、骨が大きく後退していると、再生できない場合もあります。

f:id:sakamotan:20170918113534j:plain

歯の矯正

歯の矯正によって、歯並びを整え、外側に大きく力のかかる歯への負担が軽減されれば、歯茎の後退も軽減されます。歯茎の後退が気になる歯の、部分的な矯正も可能です。(オートクレーブ 歯科

歯周病が原因ならその改善が先決

歯茎が下がる一大要因は歯周病です。もし、原因が歯周病であるなら、歯茎の再生などを検討する前に、まず歯周病を治すことが先決となります。

あんかけ揚げめん定食

こちらのお店の名物あんかけそばの定食です。
麺はやきそばか揚げ麺があるので揚げ麺にしました。
ライスは大中小から選べるので小にしました。

f:id:sakamotan:20170830162106j:plain

ガミースマイルの一般的要因

上顎の骨格が発達している場合

上顎の骨格が大きく発達していると、ガミースマイルの要因になります。上顎がせり出しているので、口を開けたとき「上顎の歯茎」が前面に出てくるわけです。上顎自体が大きいと「唇が上顎を覆いきれない状態」になっていることもあります。この場合、唇の力をゆるめただけで、勝手に口が開き、歯茎が露出する…というケースも考えられます。(エアースケーラー

f:id:sakamotan:20170830154516j:plain

上唇を上げる筋肉が発達している場合

上唇を上げる筋肉が発達していると、「笑ったときに唇を大きく引き上げる力加減」が習慣化してしまいます。本人にその気がなくても、笑顔になっただけで「上の歯茎が露出するほど、上唇を大きく引き上げる力」が働くのです。筋肉の力が強すぎるからです。この場合は筋力の問題であって、「顔のつくりに要因がある人」とは少し事情が違ってきます。

歯の大きさ・生え方に要因がある場合

歯が短かったり、歯が低い位置に生えていたりすると、笑ったときに歯茎が見えやすくなります。「歯の面積」と「歯茎の面積」を比較したとき、「歯茎の面積」が大きく、結果的に目立ちやすくなる…と考えてください。(歯髄診断器

 

さこしロール

牡蠣の入ったお好み焼きがロール状になってました
これも美味しくいただきました

f:id:sakamotan:20170807122507j:plain

大人にこそ予防歯科

仕事を退職した、60歳、65歳くらいから時間ができるから、それから予防歯科をスタートすればいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そこからだとすでに遅い可能性もあります。

30代でもすでに8割が歯周病であり、その後、予防をしなければ、歯周病は、進行してしまいます。(ストレートハンドピース

平均寿命が今や男性でも80年あるので、例えば、予防を怠って、60歳のときには歯はあるものの、すべて歯周病にかかっていて、歯医者に行ったら、「ほとんどすべての歯が抜歯する必要があります」と診断されたという事態になりかねません。

f:id:sakamotan:20170807122230j:plain

そこから予防しても歯の寿命は短く、せっかくリタイアした後の老後を楽しもうにも、歯がない、なんてことも十分に考えられます。

仕事がなくなることで、一日にゆとりができるので、現役時代は食事なんてとくに気にしていなかった方が、老後に食事が1日の楽しみになるという方は大勢います。

そんな状況で、歯がなければ、食事を楽しめる時間が大幅に減ってしまうのです。

子供の予防は、その後の、働く年齢に大きく関係します、そして働いている大人の予防は、その後の老後に大きな影響があります。(歯科用ハンドピース

 

ですから大人にこそ、長い老後を楽しむために、予防歯科が大切なのです。

ぜひ、人生の後半もおいしいご飯を楽しむために、定期的に歯医者さんで歯科検診と予防処置をしてもらいましょう。