歯の着色

歯の着色は、歯のくすみ・黄ばみの原因になり、口元の印象に大きく左右します。
歯の着色の原因は生活の中に隠れていて、日常的に摂取している飲食物が原因になっている場合もあるんです。
歯は放っておくと茶色や黄色に着色し、見た目が悪くなります。
歯の着色のどんな物があるのでしょうか?
歯が着色する主な原因として、『飲み物による着色 』、 『タバコによる着色』、 『歯の歯垢や歯石による汚れ』、 『虫歯による汚れ』、 『加齢による着色』 などがあります。

1、『飲み物による着色 』
お茶・コーヒー・ワインなどの飲み物を飲むと、その成分が歯に付着し着色してしまう事があります。
特にコーヒーは着色の原因となるポリフェノールが多量に含まれているため、着色しやすいのです。
また、カレーなど濃い食べ物を食べてもその成分が歯に付着し色が付く原因となる事があります。
カレー、チョコレートなどは、服に付いたときの落としにくさから、着色の影響力がわかるのではないでしょうか。
醤油、ソース、ケチャップなどの調味料、色の濃いベリー類などもそうなんです。
一般にタンニン、ポリフェノールターメリック等を多く含むものが、歯の着色を起こしやすいと言われているそうです。
食品だけで着色しやすい物の他に、同時に摂ると歯の着色を促してしまうものがあります。
炭酸飲料やアルコール、柑橘系の飲食物やお酢、梅干しなど酸度の高い食材は、歯のエナメル質を溶かしてしまいます。
そこに、着色しやすい食品を摂ると、荒れた歯の表面に色素が残りやすなってしまうんです。
着色を促す食品としては他にも、エナメル質を荒らすシュウ酸を含むホウレンソウ、酸の強いスポーツドリンク類もあげられるそうです。
色の濃い食品は、これらの食品との食べ合わせについても常に意識しておきたいですね!

2、『タバコによる着色』
着色の原因で最も多いのは、『タバコ』です。
タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンやタールが蓄積され、歯の着色につながります。
タバコのタールはとても頑固に歯面に付き黒ずんでいるため、とても不健康な印象を与えます。

3、『歯の歯垢や歯石による汚れ』
歯に歯垢や歯石などが付着し、それが汚れとなり歯を着色させてしまう事もあります。
歯の汚れによる着色は、いずれ虫歯の原因ともなるため注意が必要ですね。

4、『加齢による着色』
加齢による着色は、年齢を重ね歯の組織が老化したことにより、自然と歯が変色していきます。

5、『遺伝性による着色』
ごくまれですが、『遺伝性による着色』というのもあり、遺伝が原因で歯が自然と着色されてしまう事もあるそうです。遺伝によって着色する人の割合は、15000人に1人程度と言われているそうですよ。
食事の後の毎日の歯磨きや、マウスウォッシュの使用が大切ですね!
しかし、それだけでは着色は落としきれないので、定期的に『歯科医院でのクリーニングやホワイトニング』をお勧めします。

------------------------------------------------------------ 
dentaltools.jp歯科診療用トレーテーブル高圧蒸気滅菌器オートクレーブなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

赤ちゃんの虫歯菌感染予防にできること

天使のように可愛らしい赤ちゃん。
思わずすりすりと頬ずりをし、フワフワのほっぺにチューしたくなってしまいますよね。
しかしその習慣によって、赤ちゃんに虫歯菌が移ってしまうと耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか?
「赤ちゃんへのチューを禁止していたのに、パパがしてしまった!」
「おじいちゃんやおばあちゃんが孫へ食べ移ししてしまうのではと心配」など、神経質になってしまうママも多いようです。

★虫歯菌はどこから感染する?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。
虫歯菌は、ママをはじめとした周りの大人の唾液から感染します。

1歳半~2歳7ヶ月の間に集中して感染することが分かっており、この時期を『感染の窓』と呼びます。

感染の窓の時期の赤ちゃんの歯は柔らかく弱いので、虫歯に罹りやすく、またとても進行しやすいので予防が大切なのです。

この時期を過ぎると、お口の状態も安定してくるので虫歯菌への感染リスクは減少してきます。

では、どうすれば赤ちゃんへの虫歯菌を防げるのでしょうか?

キスを禁止したり赤ちゃんが使う食器を分けたり、熱い食べ物をフーフーと息を吹きかけて冷ますのを控えても、咳やくしゃみをすれば唾液の飛沫から感染してしまいます。

つまり、日常の生活の中で、虫歯菌の感染リスクを排除するのは不可能に近いのです。

★一番大切なのは大人がお口のケアを徹底すること

赤ちゃんが無菌のまま育つのは不可能です。

大切な赤ちゃんのためなので、「キスはだめ!」「虫歯菌が移るかもしれないから、頬ずりは禁止!」などあまりに神経質になると、赤ちゃんとの大切なスキンシップの機会が失われてしまう可能性もあります。

しかし、赤ちゃんと接する大人達の口の中の細菌の数を減らしておけば、赤ちゃんとスキンシップをしても感染リスクは格段に下がります。
最も効果的なのは、赤ちゃんとふれあう大人側のお口のケアを徹底し虫歯菌の数を減らす努力をすることです。

常に赤ちゃんと接する両親だけでなく、兄弟やおじいちゃんおばあちゃんも家族全員でお口のケアをし、大切な赤ちゃんのお口を虫歯から守りましょう。

《 赤ちゃん虫歯菌感染予防のために出来る事 》

1.赤ちゃんへの食べ物の口移しは避ける。
2.大人が使った食器は使わない、使わせない。
3.大人達が自分達の虫歯を徹底的に治す。
4.毎日の歯磨き、フロスを徹底する。
5.日頃のお口ケアの他に、定期的に歯医者さんで専門的な口腔ケアを受ける。

--------------------------------------------------- 

dentaltools.jp輸液ポンプ歯科手術用無影灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

スウェーデン式の虫歯予防とは

★ なぜスウェーデンは虫歯予防大国なの?

今でこそスウェーデンは虫歯予防国として知られていますが、かつては日本より虫歯や歯周病の多い国でした。
虫歯・歯周病だらけの状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「虫歯、歯周病予防」を国家プロジェクトとしてスタートさせ、現在では子どもの虫歯は日本の約10分の1以下に減りました。
虫歯ゼロ大国スウェーデン式の虫歯予防法をぜひ取り入れましょう。

スウェーデン式虫歯予防法とは?

① お掃除グッズを使おう

歯ブラシだけでは歯の汚れの6割程度しか落とすことができません。
虫歯になりやすい場所に合わせて道具を使い分けましょう!
・歯と歯の間→デンタルフロス
・歯と歯肉の隙間→歯間ブラシ
・歯ブラシが届きにくい奥歯のくぼみや歯間→ワンタフト歯ブラシやスポットブラシ

② 食後や寝る前にはブラッシング

食後は毎回歯ブラシをしましょう。
また寝ている間に虫歯菌や歯周病菌が増殖するので、寝る前には念入りに歯を磨きましょう。

③ フッ素の力で歯をガード

フッ素は虫歯菌が出す酸に対して抵抗力のある強い歯を作ったり、虫歯菌の働きを抑制したりする、いわば『歯のバリア』のような存在です。

歯磨き粉はフッ素の入っているものを選びましょう。

④ 食後のキシリトール歯垢を寄せ付けない

食後キシリトールにはミュータンス菌などの虫歯菌を減少させ、歯を溶かす酸を作らせない働きがあります。

食後、歯を磨く前にキシリトールガムやタブレットを噛みましょう。

⑤ 0歳からデンタルケア

スウェーデンでは、まだ歯の生えていない赤ちゃんから、食後歯ブラシを口の中に入れて歯ブラシに慣れさせます。

そうすると乳歯が生えてからの歯磨きを抵抗なく行うことができるようになります。

⑥ 歯の健康を守る!プロのケア

スウェーデンでは多くの人が、虫歯はなくても、定期的に歯科医院を訪れています。
目的は歯科衛生士による『プロフェッショナルケア(通称プロケア)』を受けること。
もちろん当院でも受けることができます。特殊な器具を使ってお口の中を徹底的にお掃除します。

以上、スウェーデン式虫歯予防法として紹介しましたが、これらの予防法は日本でも既に取り入れられています。

違うのは虫歯予防に対する「意識」。

スウェーデンでは虫歯になったら歯医者に行くのではなく、虫歯を予防するために歯医者に通うのです。

歳をとっても健康に過ごしていくために、自分の歯のケアについて意識を高く持っておきたいですね。

------------------------------------------------------------------- 

dentaltools.jp輸液ポンプ歯科手術用無影灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯の汚れ〜ステイン〜について

歯が白い人は、明るく健康的で清潔に感じます。白い歯には憧れますよね。
しかし普段生活していると様々な原因で、歯の表面が汚れて黄ばんできたり黒っぽくなってきます。
今回は歯の汚れ、『ステイン』について説明いたします。

1、歯の変色
歯の変色は大きく分けて二つあります。
『歯の表面についた着色』によるものと『歯の質のもの』です。
歯の質のものは、もともと黄色っぽい歯だったり、抗生剤によってグレーっぽくなったり、歯の神経がないために変色することがあります。
この場合は歯の表面をきれいにしても残念ながら白くはなりません。
白い歯にしたい場合、歯を削って白いかぶせ物をつくる必要があります。
歯の表面についた着色は主に汚れによるものですが、この場合はきれいにすることができます。

2、ステインの原因は?
ステインの原因は主に、コーヒー・紅茶・赤ワイン・緑茶・タバコなどです。
これらの摂取量が多いほど、お茶や赤ワインの成分であるタンニンやタバコのニコチン・タールが歯の表面に付着します。
ただ、着色は歯垢や歯石とは違い、歯周病の原因とはなりません。
しかし、着色が多いと不健康な印象を周りに与えますし、虫歯だらけのように見えてしまいます。
歯の表面全体がステインでくすんでしまうと、口元全体が暗くなってしまいます。
それがコンプレックスとなり、口をあけて笑えなかったり、しゃべるときに口元を隠すようになるなど精神的にもよくありません。

3、ステインを取る方法
薬局でステイン除去用の歯磨き粉が売っていますが、頑固な汚れを取るのはとても難しいです。
気を付けたほうがいいのはタバコのヤニ取り専用の歯磨き粉です。
この歯磨き粉には研磨成分が大量に含まれており着色はよく落ちますが、歯の表面が削れてしまい、しばらくたつと今まで以上にステインがつくようになってしまいます。
またステインを取ろうと自分で一生懸命に歯を強く磨きすぎると、歯ブラシの毛先で歯と歯茎を傷つけてしまいます。
歯ぐきが傷つくと歯ぐきが下がり歯の根が出てきます。
歯の根は柔らかいので強い歯ブラシで削れてしまいます。
するとそこには歯垢がたまって虫歯になったり、歯がしみる知覚過敏になります。
歯の表面についたステインは非常に頑固なので、家庭で安全に取り除くことはほぼ不可能です。
歯科医院ではステイン除去専用のパウダーを吹きかけたりポリッシャーで優しく取り除くので、とても安全です。
自分で取り除くことが難しい歯の裏側や歯と歯の隙間もきれいにします。
歯のクリーニングは、病気やケガといった治療行為ではないため保険適応外となります。
しかしそれほど高額ではないので、歯石を取ったり定期健診の際に一緒に行うと効果的ですよ。

4、ステインがつくのを予防するには?
現代の食生活で、ステインがつかないようにすることはほぼ不可能です。
しかし普段ていねいに歯ブラシをすることである程度防ぐことは可能です。
食後すぐの歯ブラシは歯を傷つけたりステインがつきやすくなるので、30分ほどしてから歯ブラシをしましょう。
また当院ではステイン除去成分の入った歯磨き粉を販売しています。
これを使うことで安全に着色を取ることができます。
しかしステインがついやすい人や、かなり頑固にステインがついている人は、一度プロの歯科衛生士による歯のクリーニングを受けることをお勧めします。

----------------------------------------------------- 
dentaltools.jp超音波スケーラーエアースケーラーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

義歯(入れ歯)の取り扱いについて

煮沸消毒は大間違い
快適に長く使うためには、日々のお手入れが大切です。

お手入れが不十分な義歯は、雑菌が繁殖して歯や歯茎に悪影響を及ぼし、口臭の原因、義歯性口内炎の原因にもなります。

食後は、義歯を清潔にするようにして下さい。

しかし義歯は大部分がプラスチックで出来ています。
熱湯に入れると変形してしまうので絶対にやめてください。
義歯用洗浄剤があります。

歯磨き粉を使って洗うのもダメです
お口の中は雑菌が繁殖しやすく、歯を清潔にしている人でも、2000億個もの菌がいるとされていて、丁寧に義歯を磨いても、汚れが残っています。

そのため、1日1回は義歯洗浄剤にて1日の汚れを落とす必要があります。

また歯磨き粉には研磨剤が入っていることが多いので、プラスチックでできている義歯は傷つきやすいです。
傷ついた所に汚れが付着し、雑菌が繁殖しやすくなります。

歯磨き粉は使用せず、流水下で優しく磨いてください。

義歯を装着したまま寝ますか?
1日歯茎の上に義歯を装着していると、歯茎も負担がかかっています。

総義歯は寝る前には外した方がいいです。

就寝時はお口の中の雑菌が繁殖しやすく、義歯も汚れやすいです。
部分義歯の場合は、残っている歯のために装着したまま就寝した方がいい場合があります。
担当医と相談してみてください。

義歯を使用して痛みがなくても知らないうちに汚れが溜まっているかもしれません。
痛みがなくても定期検診を必ず行って、お口の中を清潔に保つように心がけてください。

----------------------------------------------------- 
dentaltools.jp歯科用マイクロスコープ顕微鏡コントラアングルなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

「元気に・おいしく・楽しく食べる」~乳幼児期~

今回のブログは歯科助手の長副が乳幼児の食事に関する記事を見つけたのでみなさんの参考になればと思い載せました。

●口腔の形態変化に適した食事

乳幼児期の子どもの口腔は、乳児期の哺乳する形態から、その後乳前歯が萌出して歯槽堤が広がり、やがて乳臼歯が萌出していくというように、ダイナミックに変化していきます。この時期は、口腔の形態が変化するだけでなく、乳汁から固形の食への移行という栄養摂取の面の変化や、摂食・咀嚼機能を獲得して発達するという機能面での変化もあり、とても重要です。育児書やインターネットなどの情報はあくまでも目安であり、個々の子どもによって歯の萌出状況は異なり、離乳食の進め方なども違うことを認識しましょう。

口腔内の形態や機能がまだ整ってない子どもにとって食べにくい食材は、調理の際に一手間加えることや、無理に食べさせようとせず、楽しくおいしく食べられる食材を用いるとよいでしょう。

 1.ぺらぺらしたもの…レタス、わかめ
 2.皮が口に残るもの…豆、トマト
 3.硬すぎるもの…かたまり肉、えび、いか
 4.弾力のあるもの…こんにゃく、かまぼこ、きのこ
 5.口の中でまとまらないもの…ブロッコリー、ひき肉
 6.唾液を吸うもの…パン、ゆで卵、さつまいも
 7.匂いの強いもの…にら、しいたけ
 8.誤飲しやすいもの…こんにゃくゼリー、もち

 また、よくいわれる「離乳食は薄味で」という指導は子どもの味覚形成にとても大切で、成人になった場合の高血圧の一次予防にも関与します。塩分の嗜好がめばえるのは生後3,4ヶ月ごろといわれていますが、塩分や糖分が強い食事や間食を好むようになると、成長期に肥満への影響が出やすくなるため注意が必要です。

●食べる道具はどうする?

乳児の指しゃぶりや玩具噛みなどの行動は、子どもが自分で食べるようになる(自食)準備のために大切な行動です。1~2歳のころは、多少周囲を汚しても「手づかみ食べ」を十分にやらせてあげると、食べ物を自分で口に運び、前歯でかじり取って適切な一口量を覚える、という摂食機能を獲得していきます。乳児期の舌の挺出反射(乳汁摂取のときのように舌を前に突き出して吸う動き)が消失してきたころに、親などが介助する「スプーン」からの食物の摂取も上手になってきます。はじめは上手にできなくても、焦らず過程を見守ることが大切です。

 自食ができるようになったころに、「フォーク」を早期に使わせると、食べ物を突き刺して口の奥に放り込んだり、前歯でそぎ取って食べる癖がつくので、スプーンで上手に口唇を使って食べられるようになり、しっかりと一口量を認識してかじり取れるようになるまでは注意するようにしてください。「うまく食べられない」と悩む前に摂食機能は段階的に獲得していくことを理解しましょう。また、❝開いて・閉じる❞という複雑な動きを伴う箸の操作はとても難しく、早期に使わせると握り箸の癖がつくことがあるので、指先が上手に使えるようになる3歳くらいまでは、無理に使わせないようにしましょう。

●❝おいしく食べる❞ための口腔の健康づくり

乳幼児期の口腔の健康づくりは、家族全員が関心を持ち、保健行動を起こすことから始まります。セルフケアとしては、歯磨きだけでなく、飲み物や間食などに注意を払っていくことも重要です。乳幼児期の間食は栄養面を補う「捕食」としての役割がありますが、成長に伴って、間食は、❝おやつ=楽しみ❞の意味合いが強くなります。そのために、❝あげない❞のではなく、内容や量を上手に管理し、食事に影響を与えないことが大切です。これは、齲蝕予防にも大きく関与します。重症な齲蝕は、痛みや歯質の崩壊により偏咀嚼や偏食を引き起こすだけでなく、味覚の認知や口腔内の感覚受容が崩れ、おいしく、楽しく食べることが難しくなり、成長期の子どもにとって大きなマイナス要因となります。

 また、食事をよく噛んで唾液と十分混和させることにより、口腔内の㏗を中和する(緩衝能)、消化を助ける、味覚を促進させるなどの多くの効果があります。こうした唾液の大切さも理解しながらよく噛んで味わうことの大切さに関心をもって食事していきましょう。                     

---------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置コントラアングルなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

親知らずについて

親知らずについてお話しいたします。

親知らずとは永久歯の一番奥に生える歯で、第三大臼歯といいます。 前から数えて8番目の歯です。親の手を離れ、物ごとの分別がつくようになった頃に生えてくることから「親知らず」や「智歯(ちし)」と呼ばれます。一般に17~21歳頃に生えてきますが、個人差があり、生えてこない人もいます。また、生え方によっては、お口のトラブルの原因になることが多い歯です。

親知らずの生え方

親知らずのお手入れの必要性親知らずは下記のようにトラブルが起こりやすい歯なので、丁寧にお手入れをする必要があります。
親知らずはむし歯・歯周病のリスクが高い一番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラーク歯垢)除去が困難です。そのため、むし歯や歯周病のリスク(危険度)が高くなります。
生え方に個人差がある斜めに生えたり、横向きに生えるなど、正常に生えない場合が多くみられます。
歯肉が腫れたり痛みが起こりやすい(智歯周囲炎)斜めに生えてきた場合、歯と歯肉の間にすき間ができます。ここにプラークや食べかすがたまると歯肉に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。このような状態を「智歯周囲炎」といいます。炎症がひどくなるとほっぺたが腫れて口があけにくくなったり、飲み込むときに痛みをともなったりします。
抜歯や治療が他の歯に比べて困難一番奥に生えることに加え、正常に生えないことが多いため、他の歯より抜歯や治療が難しい場合があります。

親知らずのお手入れ方法

親知らずをみがくときは、歯ブラシやタフトブラシの毛先をきちんと歯に届かせるように意識してみがきましょう。

1.歯ブラシでのお手入れ方法➀歯ブラシを斜め横から入れ親知らずに毛先をきちんと当てる口を大きくあけると頬が引っ張られて入れにくいです。小さめに口をあけ、斜め横から歯ブラシを当てましょう。➁小さく動かしてみがく➂親知らずだけでなく、その手前の歯の後ろ側もしっかりみがきましょう

2.タフトブラシでのお手入れ方法歯ブラシだけでは十分にみがききれない場合は、タフトブラシを使うとよいでしょう。➀歯ブラシでみがいた後、みがき残しを鏡で確認したり、舌で触った感触がザラザラとしていないかなどチェックします。➁タフトブラシは「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持つことをおすすめします。➂鏡を見ながら、親知らずに毛先を当て、軽い力で小刻みに動かしてみがきましょう。歯肉を傷付けないよう、力の入れすぎや動かし方に気をつけましょう。

親知らずのお手入れに関するポイント

・注意事項1.毎日のお手入れでトラブルを防ぎましょう斜めや横向きに生えて、隣の歯を圧迫しているような場合は、今問題がなくても近い将来に歯肉の炎症やむし歯などのトラブルが起こる場合があります。汚れが残らないよう丁寧にみがき、トラブルを防ぎましょう。
2.親知らずが痛くなった場合の対処方法親知らずが腫れて痛みがある場合は歯科医院を受診しましょう。患部の周囲を洗浄しきれいにしたり、腫れや痛みがひどい場合は抗生物質や消炎剤が処方されます。腫れや痛みが続いたり、周囲の歯や骨に悪影響を与える場合は、抜歯処置となりますが、炎症がひどくて腫れや痛みがある場合は、症状がおさまってから処置を行います。症状が治まるよう丁寧にみがき、体調を整えましょう。

---------------------------------------------------- 
dentaltools.jp歯科根管材料電気加熱注入器口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。