子どもの時の予防を最重要視しています

子どもの頃にむし歯になると、将来さまざまなリスクを負いやすくなってしまいます。
うまく食べ物を噛めないことで、体の発育に良くない影響があらわれてしまうことも、そのうちの一つです。加えて、乳歯の後から生えてくる永久歯の噛み合わせに影響を及ぼしてしまうことも、十分にリスクと呼べるでしょう。

 

f:id:sakamotan:20160810183222j:plain


逆に考えれば、子どものうちからむし歯になりにくいお口の環境を手に入れることで、大人になってからのむし歯のリスクを下げられるとも言えるのです。

歯を強くする「フッ素塗布」や、むし歯菌の侵入を防ぐために奥歯の隙間を薄いプラスチックでふさぐ「シーラント」に加え、お子さま本人と保護者の方に歯磨きや生活習慣の指導を行ったり、定期検診のご案内を行ったりなど、お子さまのためのさまざまなむし歯予防プランをご用意しています(歯科用ポータブル式診療チェア)。

幼いお子さまを育てていらっしゃる保護者の方は、お子さまの歯に関して高い関心をお持ちの方が多いです。一方で、当院の院長も実際に子育てを経験しています。その中で、子どもの頃からの歯のケアがどれだけ重要なものなのかを、実感と共に強く感じ取っています。

将来をしっかりと見据えた、幼い頃からのむし歯予防によって、お子さまのお口の健康を守っていきたい……そのような願いを込め、当院では小児のむし歯予防に尽力。