カリソルブ治療の費用と期間

皆さんは虫歯の治療といえばどんなイメージをお持ちでしょうか? 痛い、音が怖い、ガリガリ削られるなどのイメージが多いと思います。カリソルブ治療はそんなマイナスイメージを変えてしまう新しい虫歯治療です。

カリソルブは虫歯の部分だけを取り除くので、健康な歯を削るリスクを防ぐことが可能です。この記事では、カリソルブが適用される虫歯とはどんな状態なのかを含め、カリソルブの治療法や費用について紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

f:id:sakamotan:20160924162608p:plain


1 カリソルブ治療は完全自費診療

カリソルブ治療は、アメリカやヨーロッパでは、随分前に一般化された虫歯治療法で、多くの歯科医院が安い料金での治療を行っています。一方、日本では、カリソルブ治療が厚生労働省に認可されたのは2007年のことで、まだまだ一般的には広まっていないのが現状です。

また、カリソルブ治療は使用する薬剤が保険適用外である、歯を削る従来の方法よりも治療に時間が掛かるなどの理由により、現在のところ保険治療で受けることはできません。つまり、カリソルブ治療は、完全自費治療となるため、それなりに高い医療費がかかるといえます。

2 具体的な費用の目安

では、実際に歯科医院でカリソルブ治療を受けた場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。実は費用については、歯科医院によってかなりの幅があります。

あくまでも目安ですが、虫歯1本あたり、約5千円が費用の相場となりますが、最後に仕上げる際の詰め物代込みで1万~3万円くらいの費用がトータルでかかります(光重合照射器)。
3 カリソルブの治療時間と通院回数

カリソルブの治療は、薬剤を塗って虫歯を溶かし、それを除去する、という作業を数回繰り返します。そのため、従来のやり方で一気に削る治療に比べると、1回の治療時間は長くなります。

各歯科医院によっても異なりますが、目安としては治療時間が1回40~60分程度となり、通院回数1~2回の期間で治療が行われます(虫歯診断装置)。