歯周病の怖さ

歯周病は、成人の8割がかかっていると言われます。

f:id:sakamotan:20170114123839j:plain

歯周病の怖いところは、初期・中期に自覚症状がないままに、症状がどんどん進むことです。
痛みや腫れの症状が出てくるのは、末期になってからです。

これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

また、最近の研究で下記の疾患の一因であることがわかっています(歯科 超音波スケーラー)。

狭心症心筋梗塞
脳梗塞
・糖尿病
・低体重児早産
・誤嚥性肺炎

歯周病が全身に及ぼす影響】日本臨床歯周病学会ホームページより

口の中のバイ菌は、胃腸で吸収され、全身に廻ります。

気になる症状がございましたら、ご遠慮なさらずに越谷のかみむら歯科矯正歯科クリニックにご相談くださいませ(歯科ツール)。