読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知覚過敏の治療法

自宅で行うもの治療法

1.唾液を多く出す

唾液の中にはカルシウムやリン酸など歯の成分であるミネラルがたくさん含まれています。このミネラル成分が象牙質を固くして知覚過敏を防ぎます。食事の時によく噛んだり、ガムなどで唾液を多く出すと知覚過敏が軽減します。

2.シュミテクトの歯磨き粉を使う

知覚過敏用の歯磨き粉は、硝酸カリウムカリウムイオン)という薬用成分が象牙質の神経にへ刺激が伝わらないようしてくれます。

3.フッ素のジェルや洗口剤を使う

フッ素は歯の表面のミネラルと結びついて歯を硬くすることができます。歯磨き後にフッ素のジェルなどを塗り込むと知覚過敏が軽減します。(歯科用小型集塵機

f:id:sakamotan:20170504125753j:plain

歯医者で行うもの

4.知覚過敏の薬を塗り込む

知覚過敏用の薬を塗り込んで象牙質を固くします。一時的に軽減することが多いです。症状が改善しなければ何度か塗る必要があります。

5.コーティング剤で保護する

歯の表面にコーティング剤を塗ることによって、症状を軽減させます。剥がれてしまうと症状が戻ってしまうこともあります。

6.プラスチックで詰める

歯の削れが大きい場合はプラスチックを詰めます。詰めることによって機械的な刺激から守ることができます。ただし、プラスチックは劣化があるため定期的にやり替える必要があります。(小型集塵機

7.マウスピースで保護する

歯の表面や根元の削れをこれ以上悪化させないようにマウスピースで守ります。歯ぎしりが強い方は上記の治療をしてもすぐに剥がされてしまうことが多いため、マウスピースで保護する必要があります。

8.歯に被せ物をする

詰め物の接着剤が剥がれ隙間からしみてしまう場合は歯に被せ物をします。また、歯にヒビが大きく入っている場合もこれ以上広がらないように被せ物で抑え込みます。

9.歯の神経を抜く

知覚過敏の症状が強過ぎる場合は神経を取る処置をします。極力神経は残した方がいいのですが、場合によっては神経が自然に死んでしまうこともあります。