子供の虫歯ーー感染予防

1.親が使っているおはし・スプーンを共有しない

子供の虫歯感染予防は、どうすれば良いのか悩んでいる親も多いでしょう。
最初の大切なポイントは、親が使っているおはし・スプーンを子供と共有しないことです。
最初にもお話したとおり、虫歯菌が感染する原因は、ほとんどが“親のだ液”になるでしょう。
昔は、硬い食べ物を親がかみ砕き、柔らかくしてから子供に与えることがほとんどでした。(歯科用タービン
しかし、この方法は、親のだ液を子供に与えてしまうのと同じことです。
そのため、親の菌が子供に移ってしまいます。
虫歯菌に感染しないためには、親と子供、別々におはし・スプーンを用意してください。
そして、子供に食べ物を与えるときは、子供しか使わないおはし・スプーンで食べさせてあげましょう。面倒だと感じるでしょうが、おはしやスプーンを別々にすることはとても大切な感染予防になるのです。

f:id:sakamotan:20170607152328j:plain

2.砂糖が多く含まれているものを控える

子供が欲しがるお菓子や甘いジュースの中には、砂糖が多く含まれているものもあります。(根管長測定器 
低カロリーなら大丈夫ですが、あまりにも砂糖がたくさん入っているものを子供に与えてはいけません。
砂糖は、虫歯菌が進行するラクトバチラス菌がたくさん潜んでいます。
口の中にある菌が、より活発になってしまうので、できるだけ砂糖が多く含まれているものは与えないでください。
子供が欲しがるジュースやアメは、特に要注意です。
口の中にいる時間が長いので、より虫歯菌が増えてしまうでしょう。
1歳7か月~2歳7か月の間は、虫歯菌に感染しないように「食事」にも気をつけなければなりません。
子供に与えても大丈夫なものかどうか、必ず確認してくださいね。