虫歯が発生するメカニズム

f:id:sakamotan:20170620115735j:plain

虫歯の原因菌は、飲食物に含まれる糖分を栄養として 粘着性の物質(歯垢)をつくり、酸を放出します。(歯科用口角鈎

この酸が歯の表面のエナメル質を溶かし歯をやわらかくします。 この柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」といいます。
初期の段階であれば、唾液の力で修復がおこなわれ(再石灰化)、 元の健康な歯の状態に戻ります。
しかし、間食をしたり、歯のケアを怠っていたりなど、 歯垢が酸を放出しやすい環境であればあるほど、再石灰化が 間に合わず、歯の表面がどんどん溶けて穴があき、 虫歯は歯の内部へと進行していきます。(咬合器・ファイスボウ