摂食嚥下障害について

【摂食嚥下障害とは】

疾病や低栄養などが原因で食事を噛んだり、飲み込んだりすることが難しくなる障害です。

食べ物を食べる一連の動作は「摂食嚥下の5期」として次の5段階に分類されます。

先行期・・・食べ物を「見る」「匂いを嗅ぐ」「触る」などで認識して口に運ぶまでの過程

準備期・・・食べ物を口に入れて咀嚼する過程

口腔期・・・咀嚼された食べ物を喉に送り込む過程

咽頭期・・・喉に送られた食べ物をゴクリと飲み込む過程

食道期・・・飲み込んだ食べ物が食道を通って胃まで送られる過程

皆さんもごはんを食べるときは無意識にこの過程を踏んでいます。このいずれかの過程がうまくできなくなり、食べ物や飲み物を体に取り込めなくなることを「摂食嚥下障害」と言います。

【摂食嚥下障害の症状】

各段階で次のような症状が良く見られます。

先行期の障害

認知症により食べ方がわからない、食べ物を認識できない。

・手がうまく動かせずに口に食べ物を運べない。

・食べ物以外のものを口に入れてしまう。(異食)

準備期の障害

・歯の不具合(歯が痛い、歯が無い、入れ歯が合わない、歯並びが悪いなど)。

・口の筋肉(舌や口唇、頬など)の筋力低下。

・唾液が出ず、口が乾き咀嚼しにくくなる。

歯科用4:1コントラアングル+ IPRストリップセット

口腔期の障害

・いつまでも咀嚼して食べ物を飲み込まない。

・食事後に食べ物が口の中や入れ歯に貼りつく。

咽頭期の障害

・食べ物が気道に入る「誤嚥」が起こりむせてしまう。

・食事後にゴロゴロした(うがいをしているような)声になる。

誤嚥を繰り返したり、多量に誤嚥することで窒息や肺炎を発症してしまう。

・食べ物を飲み込む力が弱く喉に食べ物が引っかかる。

食道期の障害

・食事後に胸のあたりに食べ物がつかえる感じがする。

・食事後に嘔吐してしまう。

【摂食嚥下障害の対応】

➀悪い歯や入れ歯の治療をする。

歯や入れ歯に痛みがあると食事に影響します。食事がしっかり出来る様、歯や入れ歯を治療することが大切です。また、歯をできるだけ長く残すため、定期的なメインテナンスでの受診も必要です。

真空成型器 バキュームアダプター

②口の中を清潔にする。

口の中が汚れていると、汚れた口の中を通過した食べ物を誤嚥してしまった時に誤嚥性肺炎を発症しやすくなります。飲み込みの力が弱まっている方は特に口の中を清潔に保つ必要があります。

③口や喉の力を鍛える訓練を行う。

飲み込みの力を鍛える訓練は様々な訓練があります。

手軽にできる訓練として「開口訓練」があります。口を開けることで喉の筋肉を鍛え、飲み込む力を鍛えることができます。やり方は口を大きく開けて10秒程度維持、それを5~10セットくらい行います。

また全身の筋肉と口や喉の筋肉に相関関係があるといわれています。全身の力が衰えないように散歩などを日常的に行うこともお勧めです。

④食事を食べる環境を整える。

・テレビを消し、食事に集中する。

・スプーンなどの使いやすい食具を使う。

・食事を介助してもらう。

⑤食事を食べやすい形に調整する。

歯が痛いなど、一時的な症状の場合は状態に合わせて、やわらかいお粥などを食べることは有効です。気を付けないといけないのは長期的にカロリーの低いやわらかい食事を食べていると栄養失調が起こり、筋肉が分解されて筋力が低下する場合があります。噛みづらい、飲み込みづらいなどの症状でやわらかい食べ物を食べる場合は体重の増減を良く観察することや栄養士などの栄養指導を受けることをお勧めします。

----------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科矯正用IPR真空成型器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。